硬式野球部 『溌剌颯爽(はつらつさっそう)』

 

2016 活動報告

  春に6名の一年生が入部し,10人でスタートを切った今シーズン。相変わらず連戦連敗の1年でしたが,坂東総合高校単独ですべての公式戦に出場できました。

夏の第98回全国高校野球選手権茨城大会では,全校応援を背に2名の三年生が奮起し,序盤をリードして折り返しました。試合の終盤に地力の差が出て敗戦に終わりましたが,日頃の練習の成果を存分に発揮することができました。

  三年生の引退後,新たに3名の部員が加わり,新チームでの活動がスタートしました。秋の公式戦では,なかなか思うように力を発揮できずに終わりましたが,来シーズンに向けて活動を継続しています。


 

2016 活動実績

 平成28年度春季関東地区高等学校野球県西地区大会 
 1回戦 対下館工業  0対10(5回) 負け

 第36回常総広域圏高等学校硬式野球大会      
 2回戦 対藤代    0対16(5回) 負け

 第98回全国高等学校野球選手権茨城大会      
 1回戦 対つくば工科 2対4      負け

 平成28年度県西地区高等学校野球選抜大会     
 1回戦 対境     0対10(6回) 負け

 平成28年度県西地区高等学校野球選抜大会     
 敗者戦 対古河三   0対11(7回) 負け

 平成28年度秋季関東地区高等学校野球県西地区大会 
 1回戦 対岩瀬日大  2対12(6回) 負け


 
 

2015 活動報告

  春,3名の1年生と,1人の先生を新たに迎えた今シーズン。3年生2名,2年生3名,1年生3名と顧問2名での活動がスタート。少し前と比べると,ずいぶんとグラウンドに活気が出てきました。5月9日の練習試合,終盤に打線がつながり逆転勝利。顧問の1人が守備のときのみ助っ人としてレフトに入ったとはいえ,2年前に活動を再開して以来,対外試合初勝利を挙げました。5月下旬に,3年生1名が新たに野球部へ入部し,これでいよいよ9人。夏に向けた戦いが始まりました。お世辞にも上手いとは言えない部員たち。それでも,夏に向けて少しでも上達しようと練習に励みました。また,週に一度のペースで練習試合をこなし,チームの課題や目標を明確にしながら,少しずつレベルアップしていきました。皆がひとつの目標に向かって努力を重ねていたこの頃から,野球部の活動はとても充実していきました。

 夏,第97回全国高校野球選手権茨城大会では,一回戦で名門水戸商業高校と対戦。明らかに力負けでしたが,それぞれの部員がチームでの自分の役割を果たそうと必死でプレーし,力を発揮しました。また,この試合に先立って行われたシートノックでは,その終了後にスタンドから拍手をいただきました。これまでの野球部の努力がこの温かい拍手によって報われた気がしました。

 3名の3年生が引退し,秋季大会に向けて真壁高校との合同チームを組み,活動を再開。合同練習や練習試合を繰り返しながらお互いに少しずつチームワークを育んでいきました。そして,1勝を目指した秋季大会。序盤から点を取っては取られという厳しい展開,最終回の攻撃で1点差まで詰め寄るものの,あと一歩及ばず,悔しい敗戦となりました。この敗戦以降も合同チームとして活動を継続し,合同練習や練習試合を重ねていきました。今シーズン最後の公式戦となった結城市近隣高校野球大会。新チーム結成以来,しつこく続けてきたトレーニングの成果が表れたのかところどころで良いプレーが見られ,負けはしたものの来シーズンに向けて明るい兆しを感じさせる試合内容となりました。

 12月,オフシーズンになり,今は来春に向けて個々のレベルアップを一番の目標に掲げ,日々の練習に励んでいます。

 

2015 活動実績

〔2015年度活動実績〕
 第67回春季茨城県大会県西地区予選  
 人数不足のため不参加

 第25回常総広域圏高等学校野球大会 
 1回戦 対岩井高校     1対11 負け

 第97回全国高等学校野球選手権茨城大会 
 1回戦 対水戸商業高校 0対11 負け

 平成27年度県西地区夏季選抜大会※
  1回戦 対岩瀬日大高校 0対16 負け

 第68回秋季茨城県大会県西地区予選※
 1回戦 対結城第一高校 9対10 負け

 第17回結城市近隣高等学校野球大会※
  1回戦 対下館工業高校 3対13 負け

 ※人数不足のため真壁高校との連合チームで参加

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立坂東総合高等学校